バーバリー(BURBERRY)から登場した「ハウスチェック」を使ったキャップ。

おしゃれになる近道として、この夏「帽子」を主役にファッションを楽しんでみるのはいかが?キャップ、ハット、キャスケット、テンガロンハット…様々な種類の「帽子」コーディネートを集めてみた。人気ブランドのコーディネートをお手本に、「帽子」を取り入れた夏ファッションを楽しんでみて。

「キャップ」

バーバリー 2018年秋コレクションより
バーバリー 2018年秋コレクションより

バーバリー(BURBERRY)から登場した「ハウスチェック」を使ったキャップ。スポーティーなシルエットにアイコニックなパターンを配したヘッドウェアは、パンチの効いた逸品。“なかなかチャレンジできない…”と悩んだ時は一工夫。2018年秋コレクションのように、洋服と同じ色柄で合わせればOK。統一感が生まれてコーディネート全体がまとまりある印象に。

ケイト・スペード ニューヨーク2018SS
ケイト・スペード ニューヨーク2018SS

ロゴ入りキャップは、Tシャツに合わせてカジュアルに着こなすのもいいけど、ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)をマネて、ワンピースと組み合わせてみるのはどうだろう。フェミニンな印象のフラワーワンピースも、キャップと組み合わせるだけで“抜け感”のある着こなしに。

「バケットハット」

ロエベ 2018年春夏コレクションより
ロエベ 2018年春夏コレクションより

テイストミックスを楽しむなら、ロエベ(LOEWE)2018年春夏コレクションをお手本にするのもよい。ギンガムチェックのドレスに、バケットハットを合わせてカジュアルダウンさせたルック。ペールトーンのドレスは可愛らしい印象が強いけれど、メンズライクなヘッドウェアと組み合わせればモードに昇華する。

「ストローハット」

エンポリオ アルマーニ 2018年春夏コレクションより
エンポリオ アルマーニ 2018年春夏コレクションより

バカンスシーンの味方となる「ストローハット」は、あえてドレスルックとぶつけると面白い。エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)2018年春夏コレクションのように、ミニ丈のベアドレスも帽子一つで甘さが緩和。また、バッグ、サンダルなどバッグ以外の小物はすべて同系色で統一。ハットの印象を強めてくれる、こういった高度なテクニックはぜひマネしたいところ。

「キャスケット」

ディオール 2018年春夏コレクションより
ディオール 2018年春夏コレクションより

マスキュリンな印象の強い「キャスケット」をポップに着こなすには、イラスト入りトップスとマッチさせて。ニキ・ド・サンファルからインスピレーションを得たディオール(Dior)2018年春夏コレクションでは、彼女の作品をモチーフにしたトップスとキャスケットの組み合わせが登場している。頭のてっぺんからつま先までブラックを基調にして、モチーフの存在感を際立たせプレイフルにまとめた。

「テンガロンハット」

ヴェルサーチ 2018年春夏コレクションより
ヴェルサーチ 2018年春夏コレクションより

コスチュームライクになってしまって、なかなか手を伸ばせない「テンガロンハット」だが、ヴェルサーチ(VERSACE)2018年春夏コレクションをマネれば、クールに決まることを発見。ベアトップ&透かし模様入りのレザーパンツというセンシュアルなスタイルに、「テンガロンハット」をオン。カラーはブラック&ゴールドなど、大人っぽいカラーを選ぶことを忘れずに。

from https://www.fashion-press.net/news/39148

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です