CA4LA×アンディ・ウォーホル、90年代風のビッグロゴキャップ、裏にはバナナの刺繍

CA4LA(カシラ)より、アンディ・ウォーホルの映像作品にフォーカスを当てたコラボレーションキャップコレクションが登場。2018年1月17日(水)より発売となる。

 

1960~70年代にアンディ・ウォーホルが製作プロデュースした製造作品「トラッシュ(原題:Trash)」と「ウーマン・イン・リヴォルト(原題:Woman in Revolt)」。昨年末のコラボレーションに続き、今回発売されるアイテムは、オールシーズン使用できるコットン素材のベースボールキャップに、2作品のアイコニックなロゴが落とし込まれている。

作品のタイトルロゴが、ブラックボディのフロントに大きく刺繍されることにより、90年代のヒップホップやストリートカルチャーの雰囲気漂うスタイルに。バックには、ウォーホルの代名詞でもある“バナナ”の刺繍が。裏地は、ウォーホルのサインの総柄プリント生地が使用されている。カラーは、タイトルロゴのカラー違いが2種類ずつ、全4種類の展開。

また、サイズはワンサイズとキッズサイズの2パターンで、親子でのリンクコーデにもおすすめ。裏地など、細かいディテールに至るまでウォーホルを堪能できるアイテムに仕上がっている。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/36457

ジャムホームメイド×CA4LAのユニセックスキャップ、人気モデルの復刻版にビックビットを装飾

ジャムホームメイド(JAM HOME MADE)から、CA4LA(カシラ)とコラボレーションしたユニセックスキャップ「×CA4LA BIT TENDENCY MESH CAP」が登場。2018年3月10日(土)から、ジャムホームメイド東京店、阪急メンズ大阪店などで販売される。



2018年、共に創立20周年を迎えるアクセサリーブランド・ジャムホームメイドと帽子ブランド・CA4LA。今回のコラボレーションでは、ジャムホームメイドが2004年に発売し人気を博したTENDENCY MESH CAPを、CA4LA製のキャップとして復刻する。

キャップは普通にかぶるだけで自然と斜めになり、こなれ感を演出してくれるデザイン。ジャムホームメイドの今シーズンのコレクションモチーフである馬具風モチーフ、ビットを大胆にあしらった。素材はオールシーズン着用することができるよう、コーデュロイとメッシュを採用。カラーは80年代を感じさせるブラック、ベージュ、レッド、グリーンの4色を取り揃える。

ストリートな魅力を纏うこの帽子は、ビットを取り外したり、ベルトでサイズ調整をしたりして様々なスタイルを楽しむことができる。ユニセックスモデルのためカップルでシェアしたり、ペアアイテムとして取り入れたりできるのも嬉しいポイントだ。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/38012

「CA4LA×アンディ・ウォーホル」コラボハット、モノトーンのシックなキャップとベレー帽

CA4LA(カシラ)から、アンディ・ウォーホルとのコラボレーションハットが登場。2017年12月26日(火)から発売される。

ポップアート界の巨匠、アンディ・ウォーホル。その代表作といえば、カラフルなマリリン・モンローやキャンベルスープを思い浮かべるだろう。しかし今回のコラボレーションハットがフォーカスしたのは、それとは一味違う「Black & White Paintings」。モノトーンの魅力的なアートを落とし込んだキャップとベレー、全5アイテムが用意された。



シックでミニマルな佇まいのキャップには、ウールのような趣を醸し出すポリエステル生地を採用。ブラックやグレーをベースに、ウォーホールのサインや鍵モチーフを刺繍した。

一方ベレーには、ウォーホールのアートを大胆にプリント。モノトーンだけでなく、ピンクをアクセントに効かせたタイプも揃う。大きめのシルエットやサイズを取り入れ、男女ともに楽しめるアイテムに仕上げた。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/36068

「CA4LA×アンディ・ウォーホル」コラボハット、モノトーンのシックなキャップとベレー帽

CA4LA(カシラ)から、アンディ・ウォーホルとのコラボレーションハットが登場。2017年12月26日(火)から発売される。

ポップアート界の巨匠、アンディ・ウォーホル。その代表作といえば、カラフルなマリリン・モンローやキャンベルスープを思い浮かべるだろう。しかし今回のコラボレーションハットがフォーカスしたのは、それとは一味違う「Black & White Paintings」。モノトーンの魅力的なアートを落とし込んだキャップとベレー、全5アイテムが用意された。



シックでミニマルな佇まいのキャップには、ウールのような趣を醸し出すポリエステル生地を採用。ブラックやグレーをベースに、ウォーホールのサインや鍵モチーフを刺繍した。

一方ベレーには、ウォーホールのアートを大胆にプリント。モノトーンだけでなく、ピンクをアクセントに効かせたタイプも揃う。大きめのシルエットやサイズを取り入れ、男女ともに楽しめるアイテムに仕上げた。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/36068

「CA4LA×キース・ヘリング」コラボハット&キャップ – アートとサインを刺繍、耳当て付き

CA4LA(カシラ)から、キース・ヘリング(Keith Haring)とコラボレーションしたハット&キャップが登場。2018年4月20日(金)から発売される。

展開されるのは、ポップアート界の巨匠キース・ヘリングの作品を落とし込んだメトロハットとローキャップの2種類。いずれも耳当てが付いたユニークなデザインが採用されており、カラーはブラックとグレーの2色を取り揃える。

フロント部分にはキースのアイコニックな作品が、バックスタイルにはサインが刺繍で施されており、キースが活躍した80年代から90年代のニューヨークストリートカルチャーを彷彿とさせるアイテムに仕上がっている。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/39104