バーバリー(BURBERRY)から登場した「ハウスチェック」を使ったキャップ。

おしゃれになる近道として、この夏「帽子」を主役にファッションを楽しんでみるのはいかが?キャップ、ハット、キャスケット、テンガロンハット…様々な種類の「帽子」コーディネートを集めてみた。人気ブランドのコーディネートをお手本に、「帽子」を取り入れた夏ファッションを楽しんでみて。

「キャップ」

バーバリー 2018年秋コレクションより
バーバリー 2018年秋コレクションより

バーバリー(BURBERRY)から登場した「ハウスチェック」を使ったキャップ。スポーティーなシルエットにアイコニックなパターンを配したヘッドウェアは、パンチの効いた逸品。“なかなかチャレンジできない…”と悩んだ時は一工夫。2018年秋コレクションのように、洋服と同じ色柄で合わせればOK。統一感が生まれてコーディネート全体がまとまりある印象に。

ケイト・スペード ニューヨーク2018SS
ケイト・スペード ニューヨーク2018SS

ロゴ入りキャップは、Tシャツに合わせてカジュアルに着こなすのもいいけど、ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)をマネて、ワンピースと組み合わせてみるのはどうだろう。フェミニンな印象のフラワーワンピースも、キャップと組み合わせるだけで“抜け感”のある着こなしに。

「バケットハット」

ロエベ 2018年春夏コレクションより
ロエベ 2018年春夏コレクションより

テイストミックスを楽しむなら、ロエベ(LOEWE)2018年春夏コレクションをお手本にするのもよい。ギンガムチェックのドレスに、バケットハットを合わせてカジュアルダウンさせたルック。ペールトーンのドレスは可愛らしい印象が強いけれど、メンズライクなヘッドウェアと組み合わせればモードに昇華する。

「ストローハット」

エンポリオ アルマーニ 2018年春夏コレクションより
エンポリオ アルマーニ 2018年春夏コレクションより

バカンスシーンの味方となる「ストローハット」は、あえてドレスルックとぶつけると面白い。エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)2018年春夏コレクションのように、ミニ丈のベアドレスも帽子一つで甘さが緩和。また、バッグ、サンダルなどバッグ以外の小物はすべて同系色で統一。ハットの印象を強めてくれる、こういった高度なテクニックはぜひマネしたいところ。

「キャスケット」

ディオール 2018年春夏コレクションより
ディオール 2018年春夏コレクションより

マスキュリンな印象の強い「キャスケット」をポップに着こなすには、イラスト入りトップスとマッチさせて。ニキ・ド・サンファルからインスピレーションを得たディオール(Dior)2018年春夏コレクションでは、彼女の作品をモチーフにしたトップスとキャスケットの組み合わせが登場している。頭のてっぺんからつま先までブラックを基調にして、モチーフの存在感を際立たせプレイフルにまとめた。

「テンガロンハット」

ヴェルサーチ 2018年春夏コレクションより
ヴェルサーチ 2018年春夏コレクションより

コスチュームライクになってしまって、なかなか手を伸ばせない「テンガロンハット」だが、ヴェルサーチ(VERSACE)2018年春夏コレクションをマネれば、クールに決まることを発見。ベアトップ&透かし模様入りのレザーパンツというセンシュアルなスタイルに、「テンガロンハット」をオン。カラーはブラック&ゴールドなど、大人っぽいカラーを選ぶことを忘れずに。

from https://www.fashion-press.net/news/39148

バーバリー×ゴーシャ ラブチンスキー、トレンチコートやバケットハットなど限定コラボアイテム

バーバリー(BURBERRY)から、ゴーシャ ラブチンスキー(Gosha Rubchinskiy)とのコラボレーションによるカプセルコレクションが登場。2018年1月6日(土)より、バーバリー表参道・心斎橋などの主要店舗および公式オンラインストアにて発売される。

 

川久保玲率いるコム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)が生産等をサポートしている、ロシア発の気鋭ブランド、ゴーシャ ラブチンスキー。今回リリースされるバーバリーとのコラボレーションアイテムは、2018年春夏コレクションのランウェイにて発表されたものだ。

本カプセルコレクションでは、バーバリーを象徴するアイテムを、ゴーシャ ラブチンスキーが得意とするストリートウェアの視点から再解釈。左右異なるカラーをドッキングしたトレンチコートや、オーバーサイズのカーコート、シャツ&ショートパンツのセットアップなど、ヴィンテージのバーバリーチェック柄を印象的に配したアイテムがラインナップ。

そのほか、英国人帽子デザイナーのスティーブン ジョーンズ(Stephen Jones)協力のもと製作されたイヤーフラップ付きのキャップやバケットハットなど、バーバリーのアイコンとストリートのセンスが融合したユニークなコレクションとなっている。

from https://www.fashion-press.net/news/36192

連載「憧れの逸品」No.20 ハードボイルドを迎え撃つ、バーバリーのキャップ。

バーバリー、タータン柄キャップやビッグイヤリングはこの秋冬のマストアイテム!

金髪ショートのカーラ・デルヴィーニュやケイト・モスなど、おなじみのブリットモデルたちがフロントロウに華を添えたバーバリー。タータンのキャップやビッグイヤリングなど、秋冬スタイルに今すぐ使えるアイテムは要チェック!
バーバリー

ケイト・モス、ナオミ・キャンベル、ジョーダン・ダン、UK版『VOGUE』編集長のエドワード・エニンフルなど、フロントロウにはいつも通り多くのセレブたちが集結。金髪ショートがすっかり定着したカーラ・デルヴィーニュは、レッドチェックのパンツにレザージャケットとボーイッシュな着こなしでショーを楽しんでいた。ランウェイには、NYコレに引き続きカイア・ガーバーの姿も。今シーズンはきっとパリコレまで大活躍しそう。
バーバリー

バーバリー

先シーズンはヘンリー・ムーアとのコラボでアーティーなコレクションを展開したクリストファー・ベイリーだが、今季はよりアート色が増した。会場となった裁判所「オールド・セッション・ハウス」には、ダフィド・ジョーンズや クリス・スティール=パーキンスといったドキュメンタリーフォトグラファーたちが撮りためた英国写真を展示。ショーの翌日からは「Here we are」と題された彼らの写真展を開催中だ。
バーバリー

バーバリー

写真からインスパイアされ、特に労働階級者や荒々しい北部からヒントを得たという哀愁漂うブリットスタイルは圧巻。イギリスの歴史を感じさせる会場もぴったりだ。モデルたちはバーバリーチェックやタータン、アランやアーガイルニット、ロイヤルミリタリー風の装飾を施したスカートなど、英国が作り上げてきた独自のファッションをモダンに纏っている。ニットにレースドレスを合わせたり、プラスチック素材のレインコートやスカートの登場には意外性とユーモアを感じた。また、暖かそうなアーガイルソックスや、片耳オンリーのまるでシャンデリアのようなボリューミーなイヤリング、スポーティなベースボールキャップなど、今すぐ使いたいアイテムも目白押し。オンラインでいますぐチェックして。
 転載サイト:https://www.vogue.co.jp/collection/news/2017-09-19/burberry